一般歯科

治療を始める前に
患者さんのご意見をお聞かせ下さい

◆患者さんのご意見をお聞かせ下さい

篠原歯科医院は、患者さんと二人三脚でご希望通りの治療をしていきたいと考えております。

治療を始める前に、お口のことで不安に思っていること、気になること、治療に対する希望など、どんな些細なことでもかまいませんのでお話し下さい。

その後、詳しい検査や治療を行い、お口の状況について丁寧に詳しく説明して参ります。患者さんにご自分のお口の状態や、むし歯・歯周病などの病気について知っていただき、きちんと納得して治療を受けていただくことは、とても大切なことです。

歯周病
歯周病ってどんな病気?
◆歯周病ってどんな病気?

歯を失う原因NO.1は「歯周病」です。歯周病は歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、プラークに含まれる歯周病菌と呼ばれる細菌が、歯と歯肉の間の「歯周ポケット」に入り込んで毒素を出し、炎症を起こしたり、歯を支える歯槽骨という骨を溶かしてしまう病気です。

歯周病はジワジワとゆっくり進行していく病気ですが、初期の歯周病では痛みなどの自覚症状がなく、歯周病になっているのに気づかない人が大半です。

歯周病になるとどうなるの?
◆歯周病になるとどうなるの?

歯周病を引き起こす歯周病菌には、組織を破壊する力を持つ物質や白血球などを破壊する毒素を持っているものがあります。

その菌が歯肉の炎症を引き起こすわけですが、最近の研究で歯周病菌の中の物質や毒素が全身に広がる危険性があることがわかってきました。

歯周病になると、歯への悪影響だけでなく、誤嚥性肺炎や血栓、動脈硬化などの病気を引き起こしやすくなったり、糖尿病の悪化、妊婦では低体重児や早産の原因ともなるなど、体全体の健康へ影響があると言われております。

歯周病の検査
歯周ポケット
◆歯周ポケット

歯と歯ぐきの間の溝の深さを測定します。
・深さ2mm以内なら健康な歯茎
・3~5mmなら中程度の歯周病
・6mm以上なら重度の歯周病と診断されます。

歯の動揺度
◆歯の動揺度

ピンセットで歯を揺らしてグラグラしていないか検査します。ぐらつきが大きい場合は、歯周病によって歯槽骨(歯を支える骨)が吸収されていることが考えられます。

歯ぐきの状態
◆歯ぐきの状態

歯ぐきの色や腫れ、出血の有無をチェックします。健康な歯ぐきはきれいなピンク色で引き締まっていますが、炎症が起きると赤みを帯び、ブヨブヨしています。

顎の骨の状態
◆顎の骨の状態

歯の動揺が大きく歯槽骨(歯を支える骨)の吸収が考えられる場合など、場合によってはX線写真などでの更に詳しい検査が必要なこともあります。

歯周病の治療
ブラッシング
◆ブラッシング

ブラッシングは重要な歯周病予防・改善法です。歯周病の原因はプラークや歯石ですので、磨き残しがないよう、一人一人に合ったブラッシングを指導して参ります。

また、歯の隙間が広かったり、うまく磨けない歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシの使用をお勧め致します。

スケーリング、ルートプレーニング(SRP)
◆スケーリング、ルートプレーニング(SRP)

患者さん自身の歯磨きでは除去しにくい歯肉縁下のプラークや歯石、歯周病に侵された歯根を除去します。歯に歯石が付着しているとプラークが着きやすくなります。

スケーリング後はポケットが綺麗になるので歯周病の進行や歯肉の炎症を抑えることができ、プラークも付着しにくくなります。

フラップ手術
◆フラップ手術

歯周病の進行で歯周ポケットが深くなり、スケーリングやルートプレーニングを行っても歯周病が改善しない場合、プラークや歯石が完全に除去できない場合に行います。

歯茎や歯肉を切開して歯の根っこまで付着した歯石、汚れを除去します。